最新の名刺 作成

ビル

名刺の作成方法の種類と移り変わり

ワープロもない大昔では、名刺と言えば、専門の業者に依頼するのが主流でした。
しかし、ワープロ(ワード・プロセッサー)が一般に普及するようになって、自分で作成することができるようになりました。
しかし、ワープロでは文字の種類が限られ、細かい配置や行間などを調整するのが難しいのが難点でした。
また、絵やマークなどを入れるのも難しかったのですが、自分で印刷した手書きでない名刺を作成できるだけでも、当時は画期的でした。
ワープロにとってかわってパソコンが普及し、飛躍的に高度な名刺のデザインが可能になりました。
カラーの絵やマークも好きな位置に配置でき、凝った字体を選ぶこともできます。
また、好きなデザインを自分のパソコンで作成し、その画像データを業者に送って、印刷だけを依頼することもできるようになりました。
プロ用のプリンターや名刺用の紙で、発注をうけて即日納品してくれる業者もあります。
また、ホームページ上にひな形があり、簡単に発注できるサイトもあります。

当社のサービス一覧

名刺の作成方法の種類と移り変わり

プライベートでも活躍する名刺を作成してみよう。

ビジネスマンの必需品、名刺の作成について

名刺作成の注意点はデザインに凝りすぎないこと